Loading

NEWS

  1. 5/31(木)「第11章 21世紀の知の行方/QUESTIONING」開催

    ホロス2050 未来会議⑪第11章 21世紀の知の行方/QUESTIONING質問していくことは単純に言って、答えることよりも力強いのだ 2018年5月31日(木)19:30より御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、第11回 ホロス2050 未来会議「第11章 21世紀の知の行方/QUESTIONING(疑問を生んでいく)」を開催します。ゲストに、連想をベースにした独創的なサーチエンジン「連想計算エンジンGETAssoc」を開発し、「文化遺産オンライン」「日本アニメーション映画クラシックス」などの公開サービスを展開している国立情報学研究所コンテンツ科学研究系教授の高野明彦さんと、さりげなく随所に高度なAI(機械学習)を応用した気配りを配置し、世界200カ国以上で累計3000万ダウンロードを突破した人気のスマートフォン日記アプリ「瞬間日記」をはじめ、深層学習・敵対生…

    2018.05.01

  2. 「第10回ホロス2050未来会議/TRACKING」サマリー映像公開

    2018年3月8日(木)19:00から、御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、陸上自衛隊でシステム防護隊の初代隊長を務め、現在は経済産業省大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官を務める株式会社ラック特別研究員の伊東寛さんと、インターネット/IT関連のオピニオンリーダーとして活躍中の山本一郎さんをスペシャルゲストにお迎えして、第10回 ホロス2050 未来会議「 第10章 監視社会とプライバシー/TRACKING(追跡していく)〜進化論的に言えば、「共監視」はわれわれにとっての自然状態なのだ〜」を開催しました。こちらが、そのサマリー映像(41分29秒)です。<span data-mce-type="bookmark" style="display: inline-block; width: 0px; overflow: hidden; line-height: 0…

    2018.04.27

  3. 「第9回ホロス2050未来会議/INTERACTING」サマリー映像公開

     2018年2月15日(木)19:00から、御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、「ポケモンGO」開発プロジェクトの立ち上げに関わったNiantic, Inc.アジア統括本部長 兼 エグゼクティブプロデューサーの川島優志さんと、世界的に著名なCGアーティストの河口洋一郎さんをお迎えし、さらに杉山知之デジタルハリウッド大学学長にも加わっていただいて、第9回 ホロス2050 未来会議「 第9章 VRとウェアラブル/INTERACTING〜モバイルの次に破壊的変化をもたらすプラットフォームがVRで、まさに今訪れようとしている〜」を開催しました。こちらが、そのサマリー映像(41分15秒)です。【概要】・服部桂 最初に、発起人のひとりであり、「ホロス2050未来会議」のベースとなったケヴィン・ケリー著『<インターネット>の次に来るもの』の翻訳者である服部桂が、今回のテーマ「IN…

    2018.03.15

  4. 「第8回ホロス2050未来会議/REMIXING」サマリー映像公開

     2018年1月11日(木)19:00から、御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、D4DR代表でインターネットビジネスコンサルタントの藤元健太郎さんと、studio-L代表でコミュニティデザイナーの山崎亮さんをスペシャルゲストにお迎えして、第8回 ホロス2050 未来会議「 第8章 さようならシリコンバレー新ビジネス/REMIXING〜成長はリミックスから生まれる〜」を開催しました。こちらが、そのサマリー映像(43分42秒)です。【概要】・服部桂 最初に、発起人の服部桂が「この章は『<インターネット>の次に来るもの』の中で唯一、コンテンツについてきちんと書いている。マクルーハンは、昔の思いを新しいテクノロジーで再度確認していくのがイノベーションであると言っているが、ケヴィン・ケリーがここで言っているのは、人間の資産とか思想を、どうやって混ぜながら新しいものにグレードア…

    2018.03.07

  5. 2/15(木)「第9章 VRとウェアラブル/INTERACTING」開催

    ホロス2050 未来会議⑨第9章 VRとウェアラブル/INTERACTINGモバイルの次に破壊的変化をもたらすプラットフォームがVRで、まさに今訪れようとしている 2018年2月15日(木)19:00より御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、第9回 ホロス2050 未来会議「第9章 VRとウェアラブル/INTERACTING(インタラクションしていく)」を開催します。ゲストに、「ポケモンGO」開発プロジェクトの立ち上げに関わったNiantic, Inc.アジア統括本部長 兼 エグゼクティブプロデューサーの川島優志さんと、世界的に著名なCGアーティストの河口洋一郎さんをお迎えし、さらに杉山知之デジタルハリウッド大学学長にも加わっていただいて、「INTERACTING(インタラクションしていく)」とはどういうことなのかを深掘りしていきます。ディスカッション・テーマは、…

    2018.01.16

  6. 「第7回ホロス2050未来会議/FILTERING」サマリー映像公開

     2017年12月14日(木)19:00から、御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、スマートニュース株式会社執行役員の藤村厚夫さんと『ハフポスト日本版』編集長の竹下隆一郎さんをスペシャルゲストにお迎えして、第7回 ホロス2050 未来会議「 第7章 情報過多時代の人生論/FILTERING〜最も重要になるのはフィルタリングやパーソナライズの新しい方法である〜」を開催しました。こちらが、そのサマリー映像(33分24秒)です。【概要】・服部桂 最初に、発起人の服部桂より、この「ホロス2050未来会議」が、米国『WIRED』創刊編集長のケヴィン・ケリーが著した『<インターネット>の次に来るもの』の12章、12のキーワードをもとに12回シリーズで開催してきていること。そして今回は、12章のうちの7章めであるという概要説明があり、第7章の「FITLERING」については、最近話…

    2017.12.30

  7. 1/11(木)「第8章 さようならシリコンバレー新ビジネス/REMIXING」開催

    ホロス2050 未来会議⑧第8章 さようならシリコンバレー新ビジネス/REMIXING成長はリミックスから生まれる 2018年1月11日(木)19:00より御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、第8回 ホロス2050 未来会議「第8章 さようならシリコンバレー新ビジネス/REMIXING(リミックスしていく)」を開催します。ゲストに、日本初のeビジネス共同実験サイト「サイバービジネスパーク」を立ち上げ、インターネット・ビジネス・コンサルタントとして数多くの実績を上げてこられたD4DR代表の藤元健太郎さんと、「人と人とがつながる仕組みをデザインする」をコンセプトに、日本各地で空間デザイン、地域コミュニティデザインを手がけてこられたstudio-L代表、コミュニティデザイナーの山崎亮さんをゲストにお迎えして、「REMIXING(リミックスしていく)」とはどういうことなのか…

    2017.12.14

  8. 「第6回ホロス2050未来会議/SHARING」サマリー映像公開

     2017年11月30日(木)19:00から、御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、株式会社マクアケ代表取締役社長の中山亮太郎さんと、株式会社テーブルクロス代表取締役の城宝薫さんをスペシャルゲストにお迎えし、発起人のひとり、デジタルハリウッド大学教授の橋本大也がディスカッションに加わる形で、第6回 ホロス2050 未来会議「第6章 ポストマネー、ポスト近代/SHARING〜デジタル社会主義に国家は出てこない〜」を開催しました。こちらが、そのサマリー映像(47分31秒)です。【概要】・服部桂 最初に、発起人の服部桂より、この「ホロス2050未来会議」が、『WIRED』創刊編集長のケヴィン・ケリーが著した『<インターネット>の次に来るもの』の12章、12のキーワードをもとに12回シリーズで開催してきていること。そして今回、12章のうちの6章、ちょうど折り返し地点にまできた…

    2017.12.11

  9. 12/14(木)「第7章 情報過多時代の人生論/FILTERING」開催

    ホロス2050 未来会議⑦第7章 情報過多時代の人生論/FILTERING最も重要になるのはフィルタリングやパーソナライズの新しい方法である 2017年12月14日(木)19:00より御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、第7回 ホロス2050 未来会議「 第7章 情報過多時代の人生論/FILTERING(フィルターしていく)」を開催します。ゲストにアスキー(当時)で『netPC』『アスキーNT』の編集長を歴任し、現在はスマートニュース株式会社執行役員としてメディア事業開発を担当している藤村厚夫さんと、朝日新聞社でR&Dや新規事業開発に携り、現在は『ハフィントンポスト日本版』編集長の竹下隆一郎さんをお迎えして、「FILTERING(フィルターしていく)」とはどういうことなのかを深堀りしていきます。ディスカッション・テーマは、「最も重要になるのはフィルタリングや…

    2017.12.02

  10. 「第5回ホロス2050未来会議/ACCESSING」サマリー映像公開

     2017年10月17日(火)19:00から、御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、KADOKAWA2021年室エグゼクティブプロデューサーの玉置泰紀さんとGIFTED AGENT の河崎純真さんをスペシャルゲストにお迎えして、第5回ホロス2050未来会議「第5章 所有権よりアクセス権/ACCESSING〜デジタル・ネイティブはわれ先にと前へ進み、未知のものを探索していく〜」を開催しました。こちらが、そのサマリー映像(34分10秒)です。【概要】・服部桂 最初に、発起人の服部桂が『<インターネット>の次に来るもの』の「第5章 ACCESSING」の概要について簡単に触れ、「これからは自分が持っているのは古い、そうではなくアクセスを自由にしたほうがいい」「ただし、アクセスが止まったらどうするのかという問題がある。アクセスを人に頼むということは、それが確実に自分の生活を保…

    2017.11.24

もっと見る
PAGE TOP