Loading

NEWS

  1. 11/30(木)「第6 回ホロス2050未来会議/SHARING」に城宝薫テーブルクロス代表登壇

    2017年10月22日、株式会社テーブルクロス代表の城宝薫さんは、飲食店を予約するだけで途上国に給食を届けることができるグルメアプリ「テーブルクロス」の成果について大阪市で講演。「これまでに4万食以上を届けてきた。途上国に給食を届け続けるためには、利益を生み出し続けることが何より大切」と語りました。アプリを立ち上げたのは2年半前の2015年3月。2017年7月末までで累計4万2000食以上(約130万円)の給食を途上国に届けてきたとのこと。城宝さんが目指しているのは、利益の創造と社会貢献が一体化した「共通価値の創造(CSV)」。11/30(木)開催予定の『WIRED』創刊編集長ケヴィン・ケリー『<インターネット>の次に来るもの』をベースにした「第6回ホロス2050未来会議」(チケットのご予約は、http://holos2050-1706.peatix.com/ まで)では、こうした飲食…

    2017.11.16

  2. 11/30(木)「第6章 ポストマネー、ポスト近代/SHARING」開催

    ホロス2050 未来会議⑥第6章 ポストマネー、ポスト近代/SHARINGデジタル社会主義に国家は出てこない 2017年11月30日(木)19:00より御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、第6回 ホロス2050 未来会議「第6章 ポストマネー、ポスト近代/SHARING(共有していく)」を開催します。ゲストに「この世界の片隅に」映画館上映資金調達を成功させたのをはじめ数々の実績を持つ国内No.1クラウドファンディン グサービス「Makuake(マクアケ)」を運営する株式会社マクアケ代表取締役社長の中山亮太郎さんと、いわゆる飲食店予約サービスでありながら、利用者が予約をすると予約した人数分の給食が途上国の子どもたちに届けられる新しい社会貢献型グルメアプリ「テーブルクロス」のサービスを展開している株式会社テーブルクロス代表取締役の城宝薫さんをお迎えし、さらに「ホロス20…

    2017.11.16

  3. 「第5回ホロス2050未来会議」サマリー映像公開

     2017年10月17日(火)19:00から、御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、KADOKAWA2021年室エグゼクティブプロデューサーの玉置泰紀さんとGIFTED AGENT の河崎純真さんをスペシャルゲストにお迎えして、第5回ホロス2050未来会議「第5章 所有権よりアクセス権/ACCESSING〜デジタル・ネイティブはわれ先にと前へ進み、未知のものを探索していく〜」を開催しました。こちらが、そのサマリー映像です。【概要】・高木利弘 最初に、発起人の服部桂が『<インターネット>の次に来るもの』の「第4章 SCREENING」の概要を説明。「スクリーニング」というのは「スクリーンで表現していく」という意味で、「画面を使って読んだり書いたりしてコミュニケーションを行う」ことを意味している。スマートフォンにはカメラが付いていることがデフォルトになっており、今後、スク…

    2017.11.15

  4. 10/17(火)「第5章 所有権よりアクセス権/ACCESSING」開催

    ホロス2050 未来会議⑤第5章 所有権よりアクセス権/ACCESSINGデジタル・ネイティブはわれ先にと前へ進み、未知のものを探索していく 2017年10月17日(火)19:00より御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、第5回 ホロス2050 未来会議「第5章 所有権よりアクセス権/ACCESSING(アクセスしていく)」を開催します。ゲストにKADOKAWAで「東京ウォーカー」はじめ全国のウォーカー・シリーズの総編集長を担当し、現在は2021年室エグゼクティブプロデューサーとして未来社会のデザイン活動をしている玉置泰紀さんと、発達障害を抱える人にプログラミング、デザインを教える学校「GIFTED AGENT」を運営、ブロックチェーンを活用した「COMMONS OS」を開発、エストニアに仮想通貨専門ファンド「PUBLIC FUND」を設立するなど、先進テクノ…

    2017.09.26

  5. 「第4回ホロス2050未来会議」サマリー映像公開

     2017年9月8日(金)19:00から、御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、NHKディレクターの神原一光さんとVRエバンジェリストのGOROman(近藤義仁)さんをスペシャルゲストにお迎えして、第4回ホロス2050未来会議「第4章 グーテンベルクの終焉/SCREENING〜本の民とスクリーンの民の文化的衝突〜」を開催しました。こちらが、そのサマリー映像です。【概要】・服部桂 最初に、発起人の服部桂が『<インターネット>の次に来るもの』の「第4章 SCREENING」の概要を説明。「スクリーニング」というのは「スクリーンで表現していく」という意味で、「画面を使って読んだり書いたりしてコミュニケーションを行う」ことを意味している。スマートフォンにはカメラが付いていることがデフォルトになっており、今後、スクリーンが利用者の感情まで認識するようになり、話し相手となってくる…

    2017.09.17

  6. 新宿歌舞伎町「超現実エンターテインメントEXPO VR ZONE」でスクリーンが偏在する未来社会を先取り体験

    9/8(金)開催予定の「第4回ホロス2050未来会議 第4章 グーテンベルクの終焉/SCREENING」では、スクリーンが偏在する未来社会についてディスカッションをします。■チケットのご購入はこちらから↓http://holos2050-1704.peatix.com/未来のスクリーンは、単にどこにでもあるようになるばかりでなく、現在の平面スクリーンと違って、もっと五感を駆使して迫真のリアリティを実現した空間スクリーンになっている可能性が高いと考えられます。そこで、そうした未来のスクリーンの先取り体験をしようと、新宿歌舞伎町に出現した「超現実エンターテインメントEXPO VR ZONE」(https://vrzone-pic.com/)に行ってきました。体験できるVRコンテンツは全部で15。このうち「Ghost In the Shell: Arise Stealth…

    2017.08.26

  7. Internet Watchが「「ホロス2050未来会議」キャッチアップ便り」 と題して第3回ホロス2050未来会議を報告

    2017年8月22日、 Internet Watchが「「ホロス2050未来会議」キャッチアップ便り」と題して、第3回ホロス2050未来会議「第3章 コンテンツ産業の変容/FLOWING〜ページからストリーミングへの4段階〜」の報告をしてくれました。→http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/holos2050/1076491.html…

    2017.08.22

  8. 9/8(金)「第4章 グーテンベルクの終焉/SCREENING」開催

    ホロス2050 未来会議④第4章 グーテンベルクの終焉/SCREENING本の民とスクリーンの民の文化的衝突 2017年9月8日(金)19:00より御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、第4回 ホロス2050 未来会議「第4章 グーテンベルクの終焉/SCREENING(画面で読んでいく)」を開催します。ゲストに「NHKスペシャル『AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン』」シリーズを担当中のNHKディレクターの神原一光さんと、VRエバンジェリストとして日本におけるVRブームの火付け役となったGOROman(近藤義仁)さんをお迎えし、さらに「ホロス2050」協力者のひとり、元『週刊アスキー』編集長の福岡俊弘デジタルハリウッド大学教授にも加わっていただいて、「SCREENING(画面で読んでいく)」とはどういうことなのかを深堀りしていきます。ディスカッション・テーマは…

    2017.08.09

  9. 「第3回ホロス2050未来会議」サマリー映像公開

     2017年7月18日(火)19:30から、御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、『BuzzFeed』編集長の古田大輔さんとマンガ家の鈴木みそさんをスペシャルゲストにお迎えして、第3回ホロス2050未来会議「第3章 コンテンツ産業の変容/FLOWING〜ページからストリーミングへの4段階〜」を開催しました。 こちらが、そのサマリー映像です。【概要】・服部桂 最初に、発起人の服部桂が『<インターネット>の次に来るもの』の「第3章 FLOWING」の概要を説明。「フローイング」というのは「流れている」という意味で、世界最大のコピーマシンであるインターネットの中で、情報はすべて「流れている」状態となる。「ページ」は特定できなくなり、「タグ」で検索するようになる。品質よりもリアルタイム性が重視されるようになる。そうした中、コンテンツ産業はどうなっていくのか、後ほどパネルで…

    2017.07.28

  10. 「第3回ホロス2050未来会議」サマリー映像公開

     2017年7月18日(火)19:30から、御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、『BuzzFeed』編集長の古田大輔さんとマンガ家の鈴木みそさんをスペシャルゲストにお迎えして、第3回ホロス2050未来会議「第3章 コンテンツ産業の変容/FLOWING〜ページからストリーミングへの4段階〜」を開催しました。こちらが、そのサマリー映像です。【概要】・服部桂 最初に、発起人の服部桂が『<インターネット>の次に来るもの』の「第3章 FLOWING」の概要を説明。「フローイング」というのは「流れている」という意味で、世界最大のコピーマシンであるインターネットの中で、情報はすべて「流れている」状態となる。「ページ」は特定できなくなり、「タグ」で検索するようになる。品質よりもリアルタイム性が重視されるようになる。そうした中、コンテンツ産業はどうなっていくのか、後ほどパネルでディス…

    2017.07.22

もっと見る
PAGE TOP